1. HOME
  2. 土地活用事例
  3. 障がい者住宅
  4. 障がい者グループホーム

土地活用事例

Case

障がい者住宅

障がい者グループホーム

『収入を得ることはもちろん、社会貢献にもつながる資産運用というところが決め手』とオーナー様

 

こちらの建物は2棟隣接し、1棟ずつ男性用・女性用と区分しています。

みんなで食事するリビング。憩いの場となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

各居室には大型のクローゼットがあり、整理整頓しやすくなっています。

また、室内物干しも設置しています。

 

 

 

 

 

室数/棟数 20室/2棟
敷地面積 696.19㎡
建物のべ床面積 204.94㎡(1棟)

 

≪オーナー様の声≫
現役を退いた後の収入源として、良い土地活用方法はないかと考えていたところ、この事業スキームを知りました。
サブリースで25年間家賃変動がないこと、内部の管理は運営会社がすることなど、投資面ではメリットも多く安定した収入があげられると感じました。
また、年々増えている障がい認定を受けている方々の住宅が足りていないという現状を知り、社会貢献もできるということも決め手でした。
懸念していた福祉事業者の倒産リスクなども、建築会社が運営実績や決算等を明らかにしたうえでしっかり面談、マッチングをしてくれましたし、建物の建築資金の融資などもフォローしてもらいましたので安心して任せることができました。

 

 

土地活用事例