1. HOME
  2. 土地活用事例
  3. 障がい者住宅
  4. 障がい者グループホーム

土地活用事例

Case

障がい者住宅

障がい者グループホーム

オーナーとして障がい者グループホームを建築。

信頼できる事業者が一括借上げで収入も安定。

2棟目も取り組むことに。

 

こちらのグループホームは、
1階部分が男性用、2階部分が女性用として区分しています。

そのため、各階にそれぞれ玄関・食堂・UB・トイレを設けています。

 

 

 

 

 

消防法により、火災警報器も設置済み。

 

 

 

 

 

 

入居者が一緒に食事する食堂は明るい雰囲気になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

共同で利用するトイレ、洗面所、ユニットバスは使いやすい仕様。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

室数/棟数 12室/1棟
敷地面積 269.64㎡
建物のべ床面積 254.43㎡(1棟)

 

≪オーナー様の声≫
それまで貸していた土地の契約が終わり、次の借り手のあてがなく困っていたところに、障がい者グループホームのオーナーになる、という土地活用があると聞きました。はじめは、障がい者福祉について全く知識がなく不安でしたが、丁寧に説明してもらい、実際の運営はきちんとした実績のある福祉事業者にお任せできるということ、また、投資としての安定性も理解できたので思い切ってやってみることにしました。なにより、障がい者の方に安心して住んでもらえる住宅を提供できるというところで、社会の役に立てるのがうれしい気持ちです。実は、ほかにも空いている土地があるので、2棟目も考えているところなんですよ。

 

 

土地活用事例